FC2ブログ
PageTop

二次元アンテナBlog

アニメ/イラスト/ゲームを紹介するサイトです
    『この素晴らしい世界に祝福を!2』応援中です! 『この素晴らしい世界に祝福を!2』応援中です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

魔法使いの夜 レビュー

魔法使いの夜のレビュー・感想です。

奈須きのこ特有の世界観が好きな人には間違いなし!
まほよ1


シナリオA
キャラクターA
グラフィックS
音楽A
エロ無

このゲーム、一度始めたら最後まで休まずプレイしてしまう魅力があります!マジで面白い!
なにがすごいって物語の演出です!今までやったゲームなんて比べ物にならないほど動きます!

CGの綺麗さと音楽と演出この3つが揃っているので迫力がスゴイ!

久しぶりの奈須きのこの文章。しかも一般向けとゆうことでエロシーンはないです。
今までの奈須きのこ作品にしてはシナリオが短めだったんで恋愛描写にシナリオを回すことなしで全てがシナリオ
に必要なことだけで綺麗に話がまとめられているという印象を受けました。
つまりシナリオとキャラだけで勝負するんだなと思ってました。でもプレイしてすぐに気づいた。この会社の本当
にすごいとこはシナリオに合わせたグラッフィックの演出がずば抜けていること!

この演出は間違いなく今出回っているゲームの中では最高のゲームです!


何で今までプレイをしなかったかというと「プレイ時間が短い」というのを知ってたのであんまりたいした物じゃあ無いんじゃないかと思ってたのがネックでした。フェイトやホロウの後を考えるとハードルが上がり過ぎて、なかなか手を出せなかったってのもあります。



なんで今の時期にプレイしたかと言うと、魔法使いの夜は冬が舞台の作品なんで、今の時期がやるにはピッタリだなと思いプレイを始めました。

プレイし始めて「何で今までプレイしてこなかったんだ!」ハードルを上げすぎたなんて思ってましたけど、とんでもない!十分満足できるものでした。

月姫やフェイトが好きなら、演出のすばらしさ、音楽とあわさってNo1にもなるかもしれない名作です


■グラフィックS
まほよ2

小説でもなくてノベルゲームでもないような感覚を味わうと思いますよ。
フェイトの頃に比べ明らかに進化してます。戦闘シーン以外にも日常の何気ない会話もコロコロと画像が動くんで今までの作品とは違います

演出がスゴイという意見は良く目にしますが、一つも魔術を使うのに何枚の枚数使ってるんだよ!それは戦闘シーンだけではないです!
日常シーンでコロコロ表情を変える青子や有珠はめちゃくちゃカワイイです!。しかし戦闘シーンは別格です。さすがTYPE MOON!戦闘シーンの力の入れようがスゴイ!魔方陣や魔術が鳥肌物です!とくに夜の遊園地での戦いは魔法使いの夜の題名にふさわしい戦いでした!
何度も命の駆け引きをする手に汗握るアクションとそれにあわせて画像が動く動く!この戦闘を見ないと絶対に後悔しますよ!


■キャラクターA
まぁプレイするまでは「なんで青子さんいるのにエロシーンがねえんだよお!主人公なにやってんだよ!!」とか思ってましたが、プレイしてみたらなんとも憎めないキャラなんです。てかこの主人公でエロシーンに持っていくのは無理がありますよね・・・
ヒロイン勢も段々と主人公に気持ちを開いていくのがわかるのでニヤニヤしてしまうこと間違いなしw


 
■作品の裏の魅力
魔法使いの夜の作品は今までの作品とのクロスオーバーが多くある作品です。ヒロインの青子さんは数年語の月姫の世界の冒頭に出てきて遠野志貴に魔眼封じのメガネを渡して物語に大きく関わっていますね。このときの青子さんは何歳なんだろう?30歳に近いのかな?

空の境界では主人公の黒桐幹也.アルバイト先の雇い主であり、人形使いとして物語でも戦闘もこなす、メインキャラの一人です。まほよからは10年後くらいかな?ここでも妹の青子との関係も触れられています。

シナリオが短いとの意見もありますが、それは物語にのめり込んでしまっている裏返しなのでは?20時間もの時間をあっという間に感じれる作品であることは間違いないです。
3部作という噂もあるんで気長に待ちましょう

魔法使いの夜 通常版
魔法使いの夜 通常版
[ 2012/12/17 18:29 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。